海釣りの基礎知識って?初心者でも簡単に釣れる方法や、楽しみ方は?

昨今、男女問わず、幅広い年代の方々に人気がある『釣り』!

暖かくなってくると、「釣りに行ってみたいな〜」と思われてる方もいらっしゃると思います。

「でも、釣りに必要な道具は?どこでやればいいの?たのしみ方は?」とビギナーの方には少々ハードルが高く感じてしまうんじゃないでしょうか!

そこで、ビギナーさん向けに、私が体験してきた「釣りに必要な道具、基礎知識、マナー、楽しみ方」について簡単に解説したいと思います。

海釣りの基礎知識とは?

先ずは道具から!
釣りに必要な道具は以下の通りです。

■まずは、服装。

基本は汚れても良く、動きやすい恰好であればOKです。
雨の中や潮を被る船からの釣りであれば、やっぱりアウトドアのアクティビティに対応した釣り用ウェアが一着あると尚良いです。

■釣り竿、リールは必需品。

糸を巻き取る道具で、ロッドに取り付けて使います。あたりまえですね!

■ライン。

釣り糸の別名です。リールに巻いて使います。これも同じく当然ですね。

■仕掛け

釣り針、釣り糸、オモリ、テンビン、ウキ、ルアー、など、魚を釣るための罠です。

■ハサミ

仕掛けと釣り糸を結んだりするときに必要になります。

■バケツとロープ。

手を洗ったり、釣った魚を保管するために使用します。

■ビニール袋

釣り人のマナーとして、ゴミを入れて持ち帰るため、また、釣った魚を持ち帰るときに使います。ビニール袋は何かと使う機会が多いので、何枚か用意しておくといいです。

■その他

玉網、餌箱、三脚、タオル、ロッドケース、など、ここまで揃えれば万全のです。

そして、釣りは大きく分けて『海釣り』と『川釣り』に分けることができます。海と川では棲んでいる魚も違い、それぞれ違った魅力があります。

ビギナーの方には、まず最初は比較的、難易度が海釣りより低い、川釣りからスタートすることをオススメします!

私も最初、何も準備をせずに海釣りから初めて、波に引き込まれそうになるなど、痛い思いをした事があります。

また、釣りは難しいスポーツです。ビギナーズラックなる言葉がありますが、一本目でたまたま大物がヒットしちゃうかも知れません!しかし、釣りは自然を相手に格闘するスポーツです。そうは、ラッキーは続きません!

釣りが上達するには、経験と知識が必要になってきます。

「どうすれば釣りが上手くなるの?」

その質問に対して、自称、中級者レベルの私が、実際に行った上達術について語っていきます!

■何度もフィールドに脚を運ぶ事。

古典的な手法になりますが、とりあえずは何度もトライしてみる。失敗を繰り返すうちに、釣りのポイントが自然にわかってきます。

水中で泳ぐ魚の姿や、好むエサ魚が身を隠す場所水の色や流れ方、そして前回の釣行との違いなどを意識することで、それが経験値となり、コツがつかめます。

それでも上手くいかないなら、上手な人に教えてもらうか、ベテランさんの釣りを観察すること!

■上級者の技を盗む、マネする!

何故、釣りが上達しないのだろう?
それは、やり方が悪いからです。自己流でダメなんだから、上手い人のマネをすればいいんです!

また、釣を共にすることで仲良くなり、本や雑誌などの情報ではなく、リアルタイムの情報を手に入れることもできちゃいます。

釣り場で上手な人に声を掛けてみてはいかがでしょうか!上達への近道になります。

最後に一言だけ!

腕が上がったからといって天狗になっては絶対にダメ!

上級者=オレ様ではありません。
釣りを楽しみ上で最も重要なのが、””マナーをしっかりと守ること!””です。
気持ちの良い挨拶
ポイントの割り込み厳禁!
清掃やゴミの持ち帰り
など、これらの一般常識をきっちり守り(当たり前ですが)、周りにいる人に対して、互いに気持ちよく釣りを楽しみましょう!

腕もレベルアップ!ジェントルマンになったら、魅力いっぱい、海釣りに出かけてみましょう!

海釣りの醍醐味はなんといっても、広大な海を舞台にした、魚との壮絶なファイトです。
押したり引いたり、互いに譲りません。そして駆け引き!
ロッドから手に伝わってくる魚のパワー!
このバトルは迫力満点です。

また、海の匂い、爽やかな風を身体で感じるとリフレッシュできます。日頃のストレスが吹き飛びますよ!天気が良い時に、波の音を聞きながらする海釣りは最高です!

私も、目一杯ストレスを解消しています。

釣り上げた魚を美味しく食べるのも釣りの醍醐味です。もしかしたら、素敵な出逢いも待っているかもしれません!

魅力がいっぱいの海釣り!
そうと決まったら、出かけよう!
大自然の大海原へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする