川釣りの楽しみ方って?初心者でも釣れる方法とか、基礎知識って?

川釣りを楽しむには?

ポカポカ陽気になってくる「春頃 」がおすすめです。暖かくなってくる春頃には、川魚たちも活気づき、川釣りするにはもってこいの季節です。

初めて川釣りする人からすれば、「川ってどこで釣ればいいのかわからない」という人も多いと思います。

私がおすすめする、釣れる流域

一言で川釣りと言っても、川には「上流域」「中流域」「下流域」「海近くの河口域」があります。

その川の場所によって、釣れる魚も様々なですし、用意する釣り竿やエサ、ルアーなども変わってきます。

私がおすすめの川釣りの場所は、初心者でも始めやすい「中流域」です。

中流域がおすすめな理由はいくつかあるのですが、代表的なメリットとして「アクセスしやすい」ことと「釣れる魚が様々である」ことです。

上流域になってくると、私などは車でアクセスする際に、途中で車を停めて、徒歩で上流域まで行かなければなりませんでした。

しかし、中流域なら土手沿いに車を停めることができるところもあり、車から降りてすぐに川釣りを始めることができました。

中流域にいる様々な魚の代表的なものとして「ウグイ」が挙げられます。

中流域にいるウグイは、全長が「15cm〜40cm」ほどあり、釣りごたえもありますし、私が釣ったときは「25㎝」ぐらいでしたが、甘露煮などの料理にして美味しくいただきました。

他にも、虹色に輝く綺麗な「オイカワ」や川釣りが好きな人には人気のある「ヘラブナ」、産卵期に変色する「カワムツ」など中流域には様々な魚が釣れます。

「その魚だけを釣りたい」と思ったら、なかなか釣るのが難しいかもしれませんが、中流域で「何がかかってもOK」のスタンスで釣りをするなら、先程説明した魚やそれ以外の何らしか釣れたりするので、私としては飽きずに川釣りを楽しむことができると思います。

おすすめの川釣りの道具

川釣りに使う道具も中流域で釣りをするならシンプルです。私は釣り竿と糸とオモリとウキと針だけ持っていきます。

後は、長靴と濡れてもいいようにタオルと着替え日除けに帽子などがあればバッチリです。

釣り竿と一言で言っても、様々な釣り竿があります。釣り竿だけではなく、針や糸、オモリ、ウキなども様々な商品が出ているのでどれを選べばいいかわからないと思います。

私自身わからないときは、購入しようと思っている釣具屋のスタッフの方に、いつも聞いていますし、割と気軽に教えてくれますよ。

自分の出せる予算と釣りをする場所を伝えれば、セットで用意してくれると思います。購入するなら初めから高級な釣り竿よりは「5000円」程度の釣り竿がおすすめですよ

初めから高い釣り竿を購入して持ち運びで折ってしまったりしてはなんの意味もありません。

私は、ある程度安めの釣り竿で経験してから高い釣り竿を利用するようにしています。

川釣りは、釣りの中でもとても面白いです。様々な魚が釣れますし、都会では体験できない自然に触れ合うこともできるので、時間も忘れて過ごすことができます。

おすすめのアウトドアだと、私は感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする