川釣りで、飼育できる魚の種類や楽しみは?

私が教える、飼育できるおすすめの川魚!

ここで大事なのが初心者ということです。
代表的なのが、フナ、メダカ、ウグイ、この3種類で川釣り、飼育の両面にて難易度はそこまで高くありません。

まず、一匹目はフナです。

フナの全長は15cm前後で、釣期はほぼ周年ですのでどの時期にでも釣ることができます。

そして、フナは日本中に生息しているためお近くの川で出会える確率も高いです。

さらに詳しく言うと、主に川の下流域、湿地帯、湖沼などがあげられます。

飼育する面から見ても、フナの食性は雑食ですので、金魚用の市販で購入できる餌で十分です。

二匹目はメダカです。

これはみんながご存知の有名な川魚で、特徴はなんと言っても小さく可愛らしいところです。

メダカの全長は3cm前後で、釣期はフナと同様にほぼ周年ですが釣りやすい時期は4月~6月、9月~11月が狙い目です。

メダカは川の流れが強い場所を嫌うので、比較的川の流れが緩やかな場所または、池や沼などに多くが生息しています。

また、田んぼの水溜りなどにも生息している場合があるので、釣具などない場合でも捕まえることができる身近な魚です。

飼育する場合は先ほどもありましたが、流れがある水槽などは好ましくなく、エアレーションや強いろ過装置は避けることをお勧めします。

餌は専用のパウダータイプのものがあるのでそれをお勧めします。

三匹目はウグイです。

ウグイはコイの仲間ですがひげがないのが特徴で、全長は20~45cmで、釣期は1年中でねらい目としては、春から秋の温暖期です。

ウグイも基本的に全国各地の上流域から感潮域、内湾までと幅広い地域で出会うことができます。

食性は雑食で昆虫なども食べますが、人工飼料が栄養バランスも整っていて一番簡単で適切です。
以上3種類の川魚が私の考える川釣り、飼育の初心者の方に一番初めにお勧めする魚です。

私が教える、釣った魚の飼育方法!

私は今まで上記で挙げた魚はもちろん、その他にはコイ、タナゴ、ドジョウ、クチボソ、ハヤ、ヤマベなど、またはも採って飼育したことがあります。

大きければ大きいほど飼育は大変で、私はコイなど比較的体の大きい魚は釣って川に返すか、その場で塩焼きにして食べるなどしました。

この中で私が実際に飼育した魚は、前節で挙げた3種類の魚と、タナゴ、クチボソ、ヤマベ、この6種類です。
まずこの6種類に共通していえることは、体がそこまで大きくなくどちらかというと小さい部類の川魚です。

そのため実際に飼育するときもそこまでお金はかかりません。

その点と、メダカに関して言えることは、繁殖するということです。

これが私の中では飼育してみたいとはじめに思った理由で、これは本当に魅力的な現象で自分の家で自分の作った環境から新しい命が誕生した瞬間はとても感動したのを今でも覚えています。

私が教える、失敗しない飼い方や特典

メダカに関しては、前節でもあります通り、水流に弱いことが注意点です。

しかし、メダカを飼育し始めた当初は、そんなことは知らずに他の魚と同じ環境に入れてしまい、すぐに死んでしまったこともありました。

また、フィルターに吸い込まれて死んでしまったメダカもいて、自分の知識不足を恨みました。

小さいことを安易に考えてしまったことがこの原因でどんな小さな命でも、注意するべきこと、大事なことがあるんだなと反省しました。
他にも、タナゴを他の魚と同じ水槽に入れてしまって、タナゴが他の魚を傷つけてしまったことなどもありました。
また、ウグイをはじめて飼育したときは、ウグイがとてもよくジャンプする魚だとは知らずに、水槽には蓋をせず仕事へ行きました。

その後、家に帰ってみると床に打ち上げられて死んでいたウグイがいました。

これは、はじめはとても衝撃的で理解するのに時間がかかりました。
こういったいくつかの失敗から、やはりどんなことも準備が必要だと感じました。
魚を飼育してやはり一番うれしかったのは、メダカの繁殖です。
一番初めは私の作った環境が良くなかったせいか、繁殖する前に死んでしまったことが多くありました。

そしてインターネットなどで初心者の時、私なりによく調べました。

例えば、排卵のため、日よけのために水草を入れてみたり、飼育場所を屋内から日当たりの良い屋外のベランダにしてみたり、そして一番大事だったのが水槽内の水の質でした。

これは基本的にどの魚でも共通して言えることですが、一般の水道水には殺菌のために塩素が使用されていて、これが多くの魚には害となります。

ですので市販のカルキ抜きを使用したりと、いろいろな改善によってメダカも死ぬことなく繁殖まで成長してくれました。
私は、ウグイが好きで、これは見た目もそうですが、なんと言っても美味しいことです。

ウグイを釣って自分である程度育てて最後はいただく、これは本当に美味しく感じましたし、自分で育てて食べる自給自足の達成感も味わえます。

見た目はコイのようですが特徴として、身体にオレンジのラインがありこれも他の魚にはない特徴です。

このオレンジのラインは常にオレンジというわけではないのもおもしろいところで、3月から6月にかけてこのオレンジ色のラインが表れます。

ですので私はいつもその時期になるとウグイしか狙いません。
また機会があれば釣りに行きたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする